ゴルフクラブユーティリティーとは

ユーティリティークラブが、今注目されています。ゴルフ初心者やアベレージゴルファーにとって、5番アイアン以上のロングアイアンは苦手なクラブの一つです。それは飛距離を出さないといけないからです。そんな時、頼りになるクラブがユーティリティーやショートウッドなどのフェアウェイウッドです。

ユーティリティーゴルフクラブは、ウッドの球状の中間の形状とアイアンの板状をしたゴルフクラブです。つなぎのクラブとして理想的です。フェアウェイウッドの7番からをユーティリティーウッド、アイアンに近い形状の物はユーティリティーアイアンと呼ばれたりします。

ユーティリティークラブは、ロングアイアンよりも簡単ですから、3番、4番アイアンなどが苦手なゴルファーは、最初からユーティリティークラブをセッティグしているケースが多いようです。ロングアイアンでは弾道が高くならないゴルファーでも、このクラブを使えば高弾道でピンを狙うことが可能です。

またユーティリティークラブは、スライスしにくいのも支持される理由の一つです。ヘッドスピードが遅く、ロングアイアンでは球が上がりにくい人は、アイアンの3番・4番・5番を抜いてユーティリティクラブに代えると、160〜200ヤードの難しい距離を、高弾道でピンを狙うことができます。

ボールが打ち出される角度がFW(フェアウェイウッド)並みに高いことと、バックスピンが低くかかっているので、高く飛んで風の影響を受けにくいという理想的な性能を持ち合わせています。基本的にはユーティリティークラブの打ち方はアイアンと同じです。


人気の売れ筋商品を参考にして、自分に合ったユーティリティーを見つけましょう♪

posted by golf-club at 01:55 | ゴルフクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴルフクラブパターのポイント

ゴルフでは、飛距離が長かろうと短かろうと1打は1打ですね。確かに飛距離の出る選手は有利ですが、プロのトーナメントにおいては、数十cmのパッティングの上手下手が結果的に勝敗を左右することが往々にしてあります。いいスコアで上がるポイントは、グリーン上でのパット数をできるだけ少なくすることです。

そのグリー上で使用するクラブがパター(PT)です。2000年頃からシャフトが非常に長い長尺パターが登場しています。パターはその形状から、マレットタイプ、ピンタイプ、そしてクラシカルなL字型に分類できます。

マレットタイプは、ウッドクラブのようにヘッドが丸く作られたパターのことで、ピンタイプは、ヘッドのトウ&ヒール部分に重量が多く配分された形状のパターです。L字型はシャフトとヘッドのつながりがアイアンと同じで、アルファベットの「L」の字に似ているパターです。

初心者にはヘッドが大きめのマレットタイプと、ピンタイプがおすすめです。現在では、ピンタイプとマレットタイプのパターが最も良く使われています。素材は各種金属からプラスチックまで様々なものが使われており、グリップの形状やサイズが 他のクラブよりもバラエティーに富んでいて 個性の最もでるクラブと言えます。

パターは必ずショップで何種類か試打してから購入するようにしましょう。試打でのポイントは、構えやすさと転がりです。パターを持って構えてみて、しっくり握りやすく、ボールを打った時に狙った方向にイメージ通り転がるかを何度も試してみましょう。


人気の売れ筋商品を参考にして、自分に合ったパターを見つけましょう♪
posted by golf-club at 17:27 | ゴルフクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴルフクラブアイアンの選び方

ゴルフクラブは、ルール上14本まで使用が可能ですが、その内の「距離の打ち分け」を主目的として使われるクラブが、アイアンと呼ばれています。このクラブは本数が多いほど、距離によってクラブを選ぶといった微妙な距離調節ができます。

アイアンは1セットが、6〜10本のセットになって販売されています。ウッドと同じように、アイアンも、3番、4番、5番・・・9番と数字で種類分けされいて、9番以降は、グリーンへの寄せの際によく使用されるピッチングウェッジ(PW)、バンカーからの脱出の際に使用されるサンドウェッジ(SW)、ピッチングウェッジとサンドウェッジの中間のロフト角を持つアプローチウェッジ(AW)、と呼ばれています。

アイアンは市販されているアイアンの構造から3つに分類されます。まず、キャビティアイアンはフェースの後ろ側が凹んだ構造のアイアンです。中空アイアンはヘッド内部が空洞になっている構造のアイアン。そして、マッスルバックアイアンはヘッドはシンプルな板状のアイアンのことです。

初心者にはキャビティアイアンがおすすめではないでしょうか。キャビティアイアンは、手頃な値段で買えるモデルが多く、大きなヘッドでソール幅が広いモデルはボールが上がりやすく、ミスにも強いからです。

本数は5番からSWまでの8本を揃えれば充分です。初心者にはロングアイアン(3番、4番)は難しいので必要はありません。アマチュア向けでは、3番・4番アイアンがクラブセットから外される事も多くなっています。重量は、初心者には少し重めがおすすめです。一般男性の場合、370〜410グラム(5番アイアン)を目安として選ぶといいでしょう。


人気の売れ筋商品を参考にして、自分に合ったアイアンを見つけましょう♪
posted by golf-club at 20:13 | ゴルフクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴルフの基本のクラブはドライバー

ゴルフプレイヤーの最大の願望は、何でしょうね。それはロングホールでドライバーで飛距離を伸ばして、バーディ・イーグルなどを取ることではないでしょうか。

ゴルフクラブにもいろいろな種類がありますが、ゴルフクラブの中でドライバーといえば1番ウッド(1W)のことをいい、基本的に飛距離がもっとも出るように設計されているクラブです。

ゴルフクラブは、一般にウッド形状のクラブはアイアン形状のクラブよりも飛距離を出しやすく設計されてて、1番ウッド(ドライバー、1W)、2番ウッド(ブラッシー、2W)、3番ウッド(スプーン、3W)、4番ウッド(バッフィー、4W)、5番ウッド(クリーク、5W)などと呼ばれています。

ドライバーは、飛距離を出すためにシャフトも長く、ヘッドも重たくなっています。従来は、ヘッドはパーシモン(柿の木)など木製が主流でしたが、素材の入手の難しさ、量産ができないなどの理由から、現在はチタンなどメタル製やカーボンとメタルの複合製のウッドのドライバーがゴルフクラブの主流となっています。

また最近は、競技向けでは、SLEルール適合の低反発ドライバーが使用されているようですが、これはあくまで競技用ですから、一般ゴルファーは高反発ドライバーで楽しむべきだと思います。

ゴルフスイングのドライバーで飛距離を出すためのポイントは、ショットのときに、少しだけお尻の位置を高くして、体重をつま先寄りに乗せて構えます。少し前のめりになった感じがありますが、こうすることで下半身が安定し、体の中心に力が入った状態でドライバーの打ち方になり、飛距離アップにつながります。


ドライバーにもいろいろなメーカーやタイプがありますね。自分に合ったドライバーを選ぶことも飛距離アップのポイントです♪

posted by golf-club at 14:18 | ゴルフクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴルフに必要なゴルフクラブ

ゴルフのルールでクラブは「14本以内なら何本でもOK」となっていますが、最初からフルセットを揃える必要はなく、初めはハーフセット(1、4ウッド、5、7、9アイアン、サンドウェッジ、パター)を揃えれば十分コースデビューも可能です。そして、上達するレベルに合わせて必要なゴルフクラブを揃えていけばいいと思います。

クラブは大別するとウッドとアイアン、そしてパターに分類できますね。ウッドには、ドライバーとフェアウェイウッド(FW)とがあり、ドライバーは第一打目に使うためのクラブで距離を出しやすく、またフェアウェイウッド(FW)は主に、二打目以降に使うためのものです。

アイアンは、ウッドに比べると長さが短く、ヘッドが板状に薄べったく作られているクラブで、ロングアイアン(3番、4番)とミドルアイアン(5番、6番)、そしてショートアイアン(7番、8番)という種類があります。

パターはボールを転がすためのクラブで、主にグリーン上で使います。グリーンにボールが乗ったら、カップに沈めるまでパターでプレーします。

ゴルフクラブの選び方で重要なことは、身長や体型に合わせることとゴルフヘッド及びシャフトのバランスがポイントとなります。自分に合ったゴルフクラブの選ぶには、ゴルフクラブの専門ショップでじっくりとアドバイスを聞いて購入する事がおすすめです。

いきつけのショップをつくり、ゴルフクラブについて良く知っていて、アドバイスをしてくれる店員さんを探しましょう。ゴルフクラブの選びは、道具を「理解」する楽しみにも繋がるので「クラブ選び・・・」と言った初心者用の解説本を買って読む事も、これからゴルフクラブを購入される方には大変おすすめです。


どんな商品が人気があるのかも、ゴルフクラブ選びの大切なポイントです♪


posted by golf-club at 16:59 | ゴルフクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。