ゴルフに必要なゴルフクラブ

ゴルフのルールでクラブは「14本以内なら何本でもOK」となっていますが、最初からフルセットを揃える必要はなく、初めはハーフセット(1、4ウッド、5、7、9アイアン、サンドウェッジ、パター)を揃えれば十分コースデビューも可能です。そして、上達するレベルに合わせて必要なゴルフクラブを揃えていけばいいと思います。

クラブは大別するとウッドとアイアン、そしてパターに分類できますね。ウッドには、ドライバーとフェアウェイウッド(FW)とがあり、ドライバーは第一打目に使うためのクラブで距離を出しやすく、またフェアウェイウッド(FW)は主に、二打目以降に使うためのものです。

アイアンは、ウッドに比べると長さが短く、ヘッドが板状に薄べったく作られているクラブで、ロングアイアン(3番、4番)とミドルアイアン(5番、6番)、そしてショートアイアン(7番、8番)という種類があります。

パターはボールを転がすためのクラブで、主にグリーン上で使います。グリーンにボールが乗ったら、カップに沈めるまでパターでプレーします。

ゴルフクラブの選び方で重要なことは、身長や体型に合わせることとゴルフヘッド及びシャフトのバランスがポイントとなります。自分に合ったゴルフクラブの選ぶには、ゴルフクラブの専門ショップでじっくりとアドバイスを聞いて購入する事がおすすめです。

いきつけのショップをつくり、ゴルフクラブについて良く知っていて、アドバイスをしてくれる店員さんを探しましょう。ゴルフクラブの選びは、道具を「理解」する楽しみにも繋がるので「クラブ選び・・・」と言った初心者用の解説本を買って読む事も、これからゴルフクラブを購入される方には大変おすすめです。


どんな商品が人気があるのかも、ゴルフクラブ選びの大切なポイントです♪


posted by golf-club at 16:59 | ゴルフクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。